定番ボトム屋

着まわしが効いて便利な定番アイテムをコーディネートテクとともにご紹介いたします

カモフラージュ・カルゴ・パンツ

img10331754995.jpg
 

((このカモフラージュ・カーゴ・パンツについての詳細は

ココをクリック



■今年のカジュアルボトムは「カーゴパンツ」 ということで、
               大人のためのカーゴパンツの着こなし方
参照: http://www.salaryman-style.com/fashion/kikonasi10.htm

最近は、休日の街中や行楽地で、こざっぱりとしたカジュアルスタイルの中年男性をみかけることが多くなり、うれしくなってしまいます。
雑誌の流行欄などに目を通す方なら、知っていると思いますが、今年春夏の流行アイテムに「カーゴパンツ」があります。
パンツの側面に大きなフラップつきパッチポケット(蓋のついた貼り付けポケットのこと)がついた、作業服のようなズボンです。

この春、タウン用のボトムとして、ジーンズやチノパンの変わりにさりげなくカーゴパンツをはいてみてはいかがでしょう。




お勧めの着こなし

1.ジーンズやチノパンにジャケットを羽織っていた方は、ボトムをカーゴパンツに変えるだけで、ちょっと流行を意識した風の着こなしに見えます。
シャツは、Tシャツではなく、ストライプのボタンダウンなどにしたほうが、さわやかで今年っぽい。
ついでに、靴のチェックも。高機能スニーカーよりは、茶や砂色、ベージュの皮革のカジュアルシューズのほうがいい。
紺のコットンブレザーにインナーはブルー系ストライプシャツ、カーキやベージュのカーゴパンツといういでたちなら、中高年の方でも若々しくさわやかなカジュアルスタイルになると思います。

2.きなりのコットンのクルーネックのセーターにも、カーキ色のカーゴパンツが似合いそうです。足元ややわらかい皮のローファーや、バックスキンのチャッカーブーツはどうでしょうか。
3.濃紺やベージュのスイングトップブルゾンにはサックスブルーのカーゴパンツが春らしい。サックスブルーのようにきれいな薄色のカーゴパンツを購入するとき気をつけて欲しいのは、質感がしっかりとしてはりのあるものにすること。素材が貧相だと作業服にまちがわれやすい。
特に、ベージュとサックスブルーのようなやさしく上品なペールトーンは清潔感が第一。ちょっと汚れただけで、みすぼらしくみえるかわりに、着こなせは、最高におしゃれな雰囲気になる。靴も絶対によごれていないこと、そして薄色。


「カーゴパンツ」大人の着こなしのポイントは、
1.ジャケットと組み合わせる。
2.Tシャツより、ボタンダウンなどのシャツとあわせる。
3.靴が安っぽくならないように。
4.カーゴパンツの素材はしっかりとした腰のあるものを。


参照: MEN'S CLUB]3月号(アッシェト婦人画報社発行)で紹介されていた着こなし


●カーゴパンツのうんちく
ルーツは貨物運搬船の乗組員がはいていた厚手綿素材の作業着。第2次世界大戦時、アメリカ陸軍で、空挺部隊のパラシュート隊ができるだけ多くの装備をもって下降できるように、カーゴパンツのデザインを改良して採用した。その後、ベトナム戦争後、米軍放出品として市場に出回り、そのデザインが定着した。

特徴は、フラップ(蓋)つきの大きなマチ付きパッチポケット(貼り付けポケット)がヒップやパンツの側面についているところ。
膝の横にもついているものもある、


カモフラージュ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%B7%E5%BD%A9
カモフラージュまたはカムフラージュ(フランス語:camouflage)とは、周囲の風景に溶け込むことにより、敵の監視を欺き、対象を発見されないようにする方法のことである。カモフラージュの対象には、艦船・航空機を始めとする兵器・兵士のほか、建造物まであげられる。なお、camouflageは、フランス語では「カムフラージュ」または「キャムフラージュ」(パリ方言)、英語では「カマフラージュ」と発音するため、「カモフラージュ」は日本語発音である。


軍服
参照 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軍服(ぐんぷく)とは軍隊の構成員(軍人)が着用する制服をいう。広義においては近代以前の戦闘員の服装も含むが、通常は近代国家以降のそれをいうものであり、本項では後者の意味の範囲内において記述する。


  1. 2006/02/14(火) 15:41:21|
  2. カーゴパンツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ハード・ダメージ・ジーンズ

ハード・ダメージ・パンツ

img10331754967.jpg


画像のジーンズの詳細はココをクリック!!

かなりハードに加工されたクラッシュ・デニムです。

ハード・ダメージ系のジーンズは、ずっとブレイクが継続していますよね。

ハード・ダメージ・ジーンズを上手に着こなすには、ミリタリー・ディティールなアイテムと合わせてもいいし、キレイ目なテーラード・ジャケットと合わせるとポイント・アップといった感じですね。


画像のジーンズの詳細はココをクリック!!

  1. 2006/02/13(月) 11:34:06|
  2. ジーンズ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

無地・カーゴ・パンツ

img10331755027.jpg


画像のカーゴについての詳細は ココをクリック


カーゴ・パンツは1年を通していつでもはけるから好き!

作業用チックなモノでも好きなのは、普通に街で穿けばストリート仕様に変
身してくれるからだろうなぁ・・・(● ̄  ̄●)ボォ−−−−

セーターでも、ダウン・ジャケットでも、夏場ならTシャツでも、

色んな組み合わせで楽しめるからこそ、カーゴ・パンツってことですよね♪

【豆知識】
参照:Land's End 
カーゴ・パンツ
カーゴとは船荷、積荷の意味。カーゴ・パンツとは、物がたくさん入る大きなアコーディオン・ポケットが、太ももの外側についたパンツを指す。


画像のカーゴについての詳細は ココをクリック

  1. 2006/02/11(土) 13:37:02|
  2. カーゴパンツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ノーマル・ダメージ・ジーンズ

ノーマル・ダメージ・ジーンズ

img10331755075.jpg


画像のジーンズについての詳細はココをクリック!!!

古着加工の服は何でも好きです!

特にビンテージ・ジーンズは大好き!!!

本物のプレミア品は高くて手が出ないけどw、

今は技術も発達しているから、カッコイイ、ビンテージ・ジーンズが安い値段でも買えるからいいよね!

画像のジーンズは6900円って、本物志向なアメモノにしては

かなり安いわね♪

【豆知識】

ヴィンテージクローズとは、製作されてある程度の時を経た、味わいを深めた服のこと。

ヴィンテージクローズは、もともとの完成度が高い、ある程度時代を経た名品の服をさす。ヴィンテージとは、もともとは葡萄(ぶどう)が豊作の年につくられた極上ワインのことをさす言葉だが、現在ではクルマやファッションなどで、時代を経て、ほど良い味わいを深めた状態のものをいう。同じく古いものをさす言葉でも、アンティークやクラシックとはやや違い、「原型としての完成度が非常に高い」ものを評価することに使われることが多い。ファッション界では1980年代から若者の間で、価値ある年代物の古着をこうようぶようになった。ジーンズなどでも数十万することもある。
参照:All About

画像のジーンズについての詳細はココをクリック!!!


  1. 2006/02/10(金) 14:47:00|
  2. ジーンズ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

5000円以下で買える上質カモフラージュ・パンツ

img10331755046.jpg


画像のカモフラ・カルゴについての詳細はここをクリック

カモフラ(迷彩)マニアなら一本欲しいカルゴ。

上質モノを探しているなら、1万でも2万でも、お金さえ払えばなんとか買える存在ではある・・・

が、

逆に安ければ安いほど、チープな仕上がりにまゆをひそめたくなる。

だから、5000円以下で上質のカモフラ・カルゴとなると見つけるのは難しい。

でも・・・

見つけた!!!

4900円で上質カモフラ・カルゴ!!!

迷彩マニアも泣いて喜ぶ一品に違いありません。
  1. 2006/02/09(木) 14:47:01|
  2. カーゴパンツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ